menu

久留島先生直筆碑の除幕式が行われました

 平成30年11月15日(木) 久留島武彦記念館エントランス前に、久留島先生の座右の銘である「継続は力なり」が刻まれた石碑が建立されました。これは、玖珠ライオンズクラブが結成55周年記念事業として寄贈してくださったものです。石碑(高さ約1.6m・幅約1.2m)の文字は久留島先生の直筆を復元したもので、座右の銘を刻んだ石碑は全国で初めてとなります。
 石碑の礎には、町内の小中学校14校の児童・生徒が夢や校訓を書いた石を埋めました。これは昭和25年、久留島先生の童話活動50周年を記念して、記念館隣の旧久留島氏庭園に童話碑を建立した際、その礎として全国4万人の子どもたちが夢を書いた小石を埋めた歴史ににちなんだことです。

 当日は、町内の子どもたちや、多くの関係者と共に盛大に除幕式・お披露目式を開催することができました。

 
 町内の子どもたちや関係者と除幕!

 町長から感謝状の贈呈

 くるみの森愛児園の子どもたちによる歌の披露
童謡を歌う会の皆さんには「久留島先生童話五十年賛歌」を披露していただきました  みんなで記念撮影!

記念館にお越しの際は

ぜひご覧ください!

  記念館では、この石碑を通して、久留島先生が「継続は力なり」という言葉の生みの親であることを広めたいと願っています。館内には、石碑の元となった久留島先生直筆の「継続は力なり」の書を展示しています。記念館にお越しの際は、ぜひ石碑と見比べてみてくださいね!

ページトップへ