menu

「画家 石井勉さんが語る絵本の世界」が開催されました!

  11月3日(土) 15:00より、久留島武彦記念館にて「画家 石井勉さんが語る絵本の世界」が開催され、堀切リエさん、石井勉さん、松田シヅコさんによる「妖怪大好きチーム」がすばらしい語りの世界を披露してくださいました。
たくさんの方にご参加いただき、“妖怪学”や“河童の歴史”、楽器や絵像を使用した語り『おいてけ堀』、『きつねの童子 安部晴明伝』などを楽しみました。また、石井勉さんによる一冊の絵本が生まれるまでのお話は、来場者からの質問タイムもあり、貴重な交流の時間となりました。

 午後3時、スタートです! まずは”妖怪学”からスタート 安部晴明ゆかりの地の紹介
   

 笛や太鼓を使いながらの立体的な語りは

圧巻です

”語りの世界”に引き込まれていきます  石井勉さんによる絵本製作のお話
     

 参加者全員に石井さんからポストカードの

プレゼントも!

「妖怪大好きチーム」のみなさん   おつかれさまでした!

 石井勉さんは、くるしま童話名作選 第10巻となる「なだれうさぎ」の絵を担当してくださいます。久留島先生のお話に、どんな絵をつけてくれるのでしょうか?来春刊行予定の「なだれうさぎ」もどうぞお楽しみに!

☆本日紹介した絵本☆
・『おもしろ妖怪学100夜』子どもの未来社 2016年4月
 千葉幹夫著・いしいつとむ絵 堀切リエ編集・松田志津子デザイン
・『日本の伝説 きつねの童子 安倍晴明伝』子どもの未来社 2017年12月
    堀切リエ文・いしいつとむ絵 松田志津子デザイン・子どもの未来社

ページトップへ