menu

日本遺産認定祝賀企画展「文人墨客を魅了した耶馬渓」

日本遺産やばけい遊覧〜大地に描いた山水絵巻の道をゆく〜特別展 
文人墨客を魅了した耶馬渓

 

 平成29年4月28日、中津市・玖珠町にまたがる広大な景勝地・耶馬渓の歴史や文化を語るストーリー「やばけい遊覧〜大地に描いた山水絵巻の道をゆく〜」が日本遺産に認定されました。それを祝賀して当館では、耶馬渓の名付け親である頼山陽(らい さんよう/江戸後期の歴史家)の折帖をはじめ、田山花袋(たやま かたい/小説家)と小杉放庵(こすぎ ほうあん/洋画家)、石井柏亭(いしい はくてい/洋画家)、国府犀東(こくぶ さいとう/漢詩人)などの文人墨客が耶馬渓を遊覧しながら残した作品を展示します。
 また、深耶馬渓を梅の名所にするため奮闘した久留島先生のお話も紹介します。

開催期間

平成29年12月5日(火)〜平成30年2月11日(日)
開館時間 9:30〜16:30

 

連携企画

耶馬渓風物館(企画展示室)特別展
『空からみるーやばけい遊覧ー』
平成29年12月8日(金)〜平成30年2月7日(水)
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
観覧料 大人100円(中学生以下無料)
休館日 木曜日、12/28ー1/4
耶馬渓風物館 〒871ー0202 大分県中津市本耶馬渓町曽木2193ー1
TEL:0979ー52ー2002

ページトップへ