menu

寄贈品をいただきました

 大分県由布市在住の江藤幸一様より久留島先生ゆかりの資料を寄贈いただきました。
江藤さんは、お母様が鷹巣女子専門学校(昭和31年、梅香女子専門学校に改称)の教師をしていたことから、久留島先生と交流があったそうです。

皆さんは、久留島先生がボーイスカウトを日本に紹介したことをご存知でしょうか?
当館にも久留島先生とボーイスカウトの関連資料が多数展示されています。“久留島先生ゆかりの部屋”には、デンマークで開催されたボーイスカウト世界大会(1924年8月)に参加した際、久留島先生が着用した帽子が展示されています。

 
  久留島先生ゆかりの部屋 ボーイスカウト帽子

久留島先生は、大切に使っていたボーイスカウトの帽子の一つを子供用に仕立て直し、小学校5年生だった江藤さんに差し上げたそうです。それから江藤さんは60年もの間、帽子を大切に保管して来られました。
また、江藤さんにはその帽子と共に梅香女子専門学校の卒業アルバム等の寄贈をいただきました。
当館では、預けていただいた貴重な資料を大切に保管し、より多くの人に見ていただけるよう展示してまいります。

          
 梅香女子専門学校の卒業アルバムとボーイスカウト帽子を持つ江藤夫妻         寄贈いただいた資料

ページトップへ