menu

巖谷小波おとぎの世界

久留島先生が師事した巖谷小波(いわや・さざなみ)をご存知ですか。

明治24年 日本初創作童話『こがね丸』を発表し、日本初ベストセラー児童文学作家になる。

明治27年~明治29年 日本初個人による児童叢書『日本昔噺』刊行。 

明治28年 日本初少年向け娯楽読物雑誌『少年世界』の主筆。

明治29年 京都の小学校にて日本初童話口演を実演。

明治36年 久留島武彦が開いた日本初口演童話会で童話を口演、小波作「狐の裁判」と「うかれ胡弓」が日本初お伽芝居(児童演劇)として川上音二郎夫妻によって上演される。

明治42年 日本初大型ビジネスミッション「渡米実業団」(渋沢栄一団長)に通信員として参加。

大正14年 委員長となって日本初アンデルセン記念お伽祭を開催。

大正15年 日本中にアンデルセンを広めた功績が認められてデンマーク国王クリスチャン十世から日本文学者初、ダンネブロウ三等(文化勲章)を受章。(実行委員だった久留島武彦は四等を受章)

 

巖谷小波は近代日本児童文学の先駆者ですが、俳人としても名高い文人でした。巖谷小波生誕150年を迎える今年、小波が創り上げた「お伽俳画」を紹介する本が、日本で初めて出版されました。

3月16日から全国書店及びネット書店にて発売開始!

 

ページトップへ